いぼ治療は医療機関へお任せ【 自己流のケアでは適切に治療できない】

顔のお悩み諦める前に

カウンセリング

様々ある顔のコンプレックスで、自分で解消できないものの筆頭がいぼでしょう。ですがいぼは簡単に、安価に除去することができるようになりました。炭酸ガスレーザーによって気軽に、安価に治療可能ですので、お悩みの方は検討してみましょう。

詳しく見る

目立つ部位も施術で綺麗に

医者

クリニック選びにおいては、いぼ治療のリスクも説明してくれる医師がいること、通いやすさなどを重視します。いぼを治療する目的として多いのは、見た目が気になるといった理由の他、痛みを伴うので解消したいというケースもあります。

詳しく見る

診察に時間を掛けてくれる

女性

いぼは顔や体の目立つ部分にできるので、露出の高いファッションが楽しめず悩んでいる人が多いです。美容皮膚科や皮膚科のクリニックでは、経験豊富な医師が在籍をしており、液体窒素や炭酸ガスレーザーなどの治療が受けられます。

詳しく見る

痛みが少ない方法が人気

看護師

いぼは瞼や首、胸元などの目立つ部分に出来るので、コンプレックスを感じている人が多いです。美容皮膚科や皮膚科のクリニックでは、液体窒素や炭酸ガスレーザーによる除去を行っています。完全個室で衛生的な環境で施術が受けられます。

詳しく見る

種類と治療方法

看護師

皮膚に突起が現れたら

いぼは皮膚に現れる小さな突起の総称で、医学的には疣贅(ゆうぜい)といいます。皮膚であればどこに出来てもおかしくはないものですが、同じように見えても原因は様々で、治療法も異なります。生まれつきではなく突然現れるものの多くはウィルス感染が原因で、自分で取ろうと皮膚を傷つけたり、市販薬を使ったりすると悪化するのが一般的です。他にも加齢による皮膚の新陳代謝の低下や紫外線が原因となるもの、他の病気によるものなどがあり、自己流のケアでは適切に治療できません。まずは異変に気付いた段階で、皮膚科の的確な診断を受けるのが正解です。特にどんどん大きくなったり、数が増えたりする傾向があれば、早めに皮膚科を受診しましょう。適切な治療を受ければ早く治せますし、手術を必要とするものもありますが、小さいうちであればさほど大きな負担にはなりません。色も肌色や白色、褐色など様々で、触っても痛みがないケースも多いです。現在、皮膚に疣贅を起こすウィルスだけでも200種類以上が見つかっていて、ほとんどは良性腫瘍でがん化の心配はないと言われています。ウィルスは自然界にたくさんあり、健康な皮膚には感染しにくいためあまり神経質になりすぎる必要はありませんが、小さな傷でもあれば内部に入り込みます。いぼを予防するには傷やささくれを作らず、肌をしっかり保湿して、紫外線対策も行うことが大切です。いぼの治療法はいろいろありますが、一般的な皮膚科でよく行われているのは液体窒素療法、または凍結療法と呼ばれるものです。液体窒素は-196℃という超低温のため、ウィルス感染した細胞に押し付けて凍傷を起こし、ウィルスごと皮膚細胞を破壊する方法です。具体的には医師が液体窒素を染み込ませた綿棒をいぼに押し付け、日数を置いて自然治癒させることを繰り返します。手軽ですが痛みを感じますし、ウィルスが死滅するまで何度も繰り返し行う必要があるため、期間を要するのがネックです。近年は、足の裏や手のひらなど皮膚の厚い部分に出来た頑固なものには、ジェットスプレー式の液体窒素療法を採用する皮膚科も増えてきました。こちらは綿棒で治療する綿球法より圧力がかかる分浸透率が上がり、治療効果が高まるため治りにくい場合に適しています。液体窒素では除去しきれない大きなものや数の多いもの、難治性のものなどの場合は、局所麻酔をして電気メスや炭酸ガスレーザーで切除焼灼する治療もあります。治療後は部位の安静が必要で、大きさにもよりますが場合によって治癒まで2週間〜1ヶ月程度かかることもあり、不自由な期間があるのがネックです。ただ、すっかりきれいに治ることがほとんどですので、長期間通院する必要はなくなるでしょう。他にはウィルスへの抵抗力を高めるヨクイニンを投薬したり、尿素軟膏やビタミンD配合の外用剤を併用したりもします。

Copyright© 2018 いぼ治療は医療機関へお任せ【 自己流のケアでは適切に治療できない】 All Rights Reserved.