いぼ治療は医療機関へお任せ【 自己流のケアでは適切に治療できない】

顔のお悩み諦める前に

カウンセリング

悩みの元は実はなくせる

外に出るたびに、あるいは鏡の前に立つために憂鬱になっていませんか。人と会うとき一番に人目に付く場所と言えば、やはり顔。誰しもご自分の顔に悩みを抱えていることでしょう。もう少し二重だったら、肌がきめ細やかだったらとため息をついている人も少なくないかもしれません。ただ、こうしたお悩みは、自分にできる範囲で解決してしまえます。前者ならアイプチ、後者なら美容化粧水などです。自分の力ではどうにもならない悩みがあります。代表的なものはお顔にできた憎い奴、いぼでしょう。ニキビや吹き出物などある程度小さいものであればコンシーラーなどで隠せますが、大きく膨れ上がったいぼは隠せません。ですが、諦める必要はありません。いぼは簡単な施術で跡を残さず除去することができます。美容クリニックでのいぼ施術は日帰りの治療で終わります。施術後にはダウンタイムという皮膚を休ませる期間が必要になりますが、多くの場合は翌日から日常生活を送れます。術後すぐに化粧を直して、誰かに会いに行くこともできるのです。気合いを入れたいデートや打ち合わせの前にフラッと施術する、のようなことももちろん可能です。また、価格相場も安いところは3千円程度からと、あまりお財布を傷めないのもポイントでしょう。美容クリニックでのいぼ治療の特徴は、日帰り可能な気楽さと治療にまつわる値段の安さでしょう。これを可能にしているのは、炭酸ガスレーザーを治療に使っているからです。炭酸ガスレーザーは高エネルギー化したレーザー光を病変部位に当てて皮膚内の水分子を励起させる作用があります。難しいようですが、これは電子レンジで物を温める原理と同じです。電子レンジではマイクロ波を使いますが、炭酸ガスレーザーでは光を使って水分子を振動させ、熱を起こします。このレーザー照射による熱には、いぼとその周辺の皮膚を高温で焼く特性を持っており、皮膚表皮を焼いて取り除きます。焼かれた部位はかさぶたとなって、あとは皮膚のターンオーバー作用によって少しずつ押し出され、一ヶ月程度立つ頃にはほとんど跡を残さず除去できます。ただ、レーザーで焼くと聞くと怖いものがありますよね。やけどしないだろうか、痛くないだろうかと怖くなってしまいそうですが、その心配は無用です。炭酸ガスレーザーは皮膚の痛覚とは関係ない表皮の部分を焼くため、痛みはほとんどありません。せいぜい、何か産毛のようなものが皮膚に触れている程度の感覚で、施術は終了します。小さないぼであれば施術回数も一回で終わるため経済的で、再発するといった心配はまずありません。お悩みを抱えている方は、施術を検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2018 いぼ治療は医療機関へお任せ【 自己流のケアでは適切に治療できない】 All Rights Reserved.